使用方法

ガントチャートの新規作成

ガントチャートの新規作成
パスワードと初期年月の範囲を入力し、「表を作成」ボタンを押して下さい。
このとき入力したパスワードは忘れないようにして下さい。

また、「表を作成」ボタンを押下後に表示されるURLは、忘れずに控えておいてください。
次回、作成したこの表をご使用になるには、控えたURLでアクセスします。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


タスクの入力

タスクの入力ダブルクリック
開始日、終了日はマウス操作でも設定可能です。
上図では1行目の21日の枠をダブルクリックすることで1日分の色が変わります。
その後 「右側のバー表示部分での期間変更 」の操作で作業期間を調整します。

タスクの入力1
名称、開始日、終了日を入力します。そうすると右の表に黄色(初期色)のバーが表示されます。
※色変更していた場合はその色が表示されます。

タスクの入力2
終了日の右横には担当、進捗率、備考、色の入力欄が隠れています。
表示させるには、下のスクロールバーを動かすか、
タイトルバー(赤枠部分)に出現する横スクロールボタン押下するか、
タイトルバーをマウスでドラッグして横にスクロールさせるか、
入力欄とタスク表示部の間にある線をマウスでドラッグして入力欄を広げて下さい。

担当を入力すると、バーに表示されます。
進捗率を入力すると、バーに別の色で進捗状態が表示されます。
備考の入力は入力した内容がタスクごとに保存されます。

タスクの入力3
色の列にある“色がついたアイコン”をクリックすると、色選択ダイアログが表示されます。
ここで色を選択することによって、その行のタスクバーの色の変更ができます。

タスクの入力4
また、バー自体をクリックすることによっても、色、名称、担当、進捗率、備考の入力が可能となっています。
担当は既に入力された担当者名から選択する事もできます。

※マイルストーンの表示色は“赤色”固定となっており、タスクの色変更をされても反映されません。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


サブタスクの作成

サブタスクの作成
サブタスクを作成したい行の、左側の入力部の上で右クリックすると、図のメニューが表示されます。
そのメニューの「選択行にサブタスクを追加」をクリックします。
そうすると選択行の、下のレベルのタスクが作成されます。

※選択行とは、行が青色になっている行を指します。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


行の追加、削除

行の追加、削除
左側の入力部の上で右クリックすると、図のメニューが表示されます。
行を追加する場合は、「選択行の上に行を追加」、または「選択行の下に行を追加」をクリックします。
行を削除する場合は、「選択行を削除」をクリックします。

※選択行の下にサブタスクがある場合は、サブタスクも削除されます。
※無償版では作成できる行数は100行までです。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


行のコピー

行のコピー1
左側の入力部の上で右クリックすると、図のメニューが表示されます。
コピーしたい行が選択されていることを確認して、「選択行をコピー」をクリックします。

行のコピー2
コピー先の行にマウスを持って行き、「選択行の上にコピーした行を追加」、または
「選択行の下にコピーした行を追加」をクリックします。

※マスタタスクの行をコピーした場合でも、コピーできるのはそのマスタタスクの行のみとなっています。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


行の置き換え(コピーした行を指定行に上書き貼り付け)

行の置き換え1
左側の入力部の上で右クリックすると、図のメニューが表示されます。
置き換え(貼り付け)元となる行が選択されていることを確認して、「選択行をコピー」をクリックします。

行の置き換え2
置き換え先の行にマウスを持って行き、左側の入力部の上で右クリックします。
「選択行にコピーした行を貼り付け」をクリックします。

行の置き換え3
先程コピーした行に置き換えられます。

※置き換えられた(貼り付けされた)行のデータは上書きされ消えますのでご注意ください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


行の順序入れ替え

行の順序入れ替え
行番号の部分でマウスドラッグを開始します。
画像のような、四角枠が表示されましたら、入れ替えたい行番号までドラッグします。
ドロップします。順序が入れ替わります。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


月の追加、削除

月の追加、削除
右側のバー表示部分で右クリックをすると、図のメニューが表示されます。
月を追加する場合は、「前月を表に追加」、または「次月を表に追加」をクリックします。
図を例とすると、「前月を表に追加」では2009年8月が追加され、「次月を表に追加」では2009年10月が追加されます。

月を削除する場合は、「表から開始月を削除」、または「表から終了月を削除」をクリックします。
「表から開始月を削除」では表の開始月が削除され、「表から終了月を削除」では表の終了月が削除されます。
1つしか月がない場合は削除されません。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


右側のバー表示部分での期間変更

期間の変更については、右側のバー表示部の操作によっても変更可能です。

タスク移動イメージ
バーをドラッグ&ドロップすることで行内を移動させ、期間(開始日)を変更をすることができます。

タスク期間変更イメージ
バーの右端にマウスポインタを置くと、ポインタが変わります。
その時、マウスをドラッグ&ドロップすることで、期間の長さを、変更することができます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ガントチャートの保存

ガントチャートの保存ボタン
メニューボタン部の「保存」を押下します。
すると、お名前とコメントを入力するサブ画面が表示されます。

ガントチャートの保存1
お名前とコメントは必須となります、入力後、「保存する」ボタンを押して下さい。
共有される場合、他の共有者の保存と競合する可能性があります。
その場合は、後勝ちで保存されますのでご注意ください。

ガントチャートの保存2
更新履歴には保存した時間、保存した方の名前、コメントが最新の順で表示されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


保存済みガントチャートへのアクセス

保存済みガントチャートへのアクセス1
「この表のURL」として表示されているURLを忘れずに控えておいてください。
保存済みガントチャートへは上記URLでアクセスします。

保存済みガントチャートへのアクセス2
URLに間違いがない場合、上の画面が表示されます。
ガントチャート作成時に設定されたパスワードを入力して「送信」ボタンを押して下さい。
パスワードに間違いがなければ、サーバーに保存されている表が表示されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


最新の情報を表示する

最新の情報を表示1
表を最新の情報(一番最後に保存されたデータ)にしたい場合は、
メニューボタン部にある「最新表示」ボタンをクリックします。

最新の情報を表示2
「はい」を押下すると、再度サーバから最新の状態の表を取得し、その表が表示されます。

※ログインから、または保存してから変更された内容は、無効となりますのでご注意下さい。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


印刷をする

印刷設定イメージ
メニューボタン部にある「印刷」ボタンをクリックします。印刷設定ウィンドウが表示されます。
印刷に必要な設定を行い、「印刷プレビュー」ボタンを押して下さい。

印刷プレビューイメージ
設定した内容で印刷プレビューが表示されます。
マウスのドラッグで、印刷物の端から端まで確認することができます。
「印刷実行」ボタンをクリックします。プリンターの設定を行い印刷してください。

用紙の向きは『横向き』にするのを忘れないようにして下さい。
縦向きだとうまく印刷されないことがあります。
※チャートの表示単位を月間にした時のみ印刷が可能です。
表示単位を年間にしている場合は月間に切り替えて印刷してください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


フィルタでタスクを抽出する

この機能を全て使うには有償オプションでライセンスの登録が必要です。
ライセンス有効期間外の場合はメッセージが表示され、一部機能しかご利用できません。
表示メッセージ


フィルタボタン
メニューボタン部の「フィルタ」を押下します。
すると、フィルタ条件を設定するサブ画面が表示されます。

フィルタの条件設定1
フィルタに適用したい設定を入力後、「フィルタ実行」ボタンを押して下さい。

フィルタの条件設定2
設定した条件に一致するタスクのみ表示されます。

フィルタの設定を解除したい時は「フィルタ解除」ボタンを押して下さい。
全タスクが表示されます。


以下、条件の設定例を記します。

「担当」を設定しますと、その担当のタスクのみが表示されます。(上画像参照)

※以下記載の設定項目については有償オプションでライセンスの登録が必要です。

名称の設定1

名称の設定2
「名称」を設定しますと、一部でも一致するタスクのみが表示されます。
 例.“確認”と入力した場合、「途中確認」、「最終確認」のように、“確認”の文言が入ったタスクのみが表示されます。

開始日の設定1

開始日の設定2
「開始日」を設定しますと、開始日が設定した範囲内にあるタスクのみが表示されます。
始まり側、終わり側どちらか一方の入力にも対応しています。

終了日の設定1

終了日の設定2
「終了日」を設定しますと、終了日が設定した範囲内にあるタスクのみが表示されます。
始まり側、終わり側どちらか一方の入力にも対応しています。

上記の条件を複数設定しますと、その条件全てにあったタスクのみが表示されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


タスクバーの色を一括変更する

この機能を使うには有償オプションでライセンスの登録が必要です。


フィルタボタン
一度フィルタの設定が必要ですので、メニューボタン部の「フィルタ」を押下します。
すると、フィルタ条件を設定するサブ画面が表示されます。

フィルタの条件設定1
フィルタに適用したい設定を入力後、「フィルタ実行」ボタンを押して下さい。

フィルタの条件設定2
設定した条件に一致するタスクのみ表示されます。

フィルタボタン
再度、フィルタ条件を設定するサブ画面が表示します。

フィルタの条件設定1
「色変更」横の“色がついたアイコン”をクリックすると、色選択ダイアログ表示されます。
変更したい色を選択します。

フィルタの条件設定2
現在表示されているタスクバー全てに選んだ色が適用され、変更されます。

フィルタの条件設定3
フィルタを解除すると上画像のようになります。

※「現在表示されているタスクバー」の色が変わるということにご注意ください。
 フィルタ適用前に上記の操作を実行しますと、全てのタスクバーの色が変更されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


データのエクスポートをする(みんなでガント専用形式)

エクスポート設定イメージ
メニューボタン部にある「Export」ボタンを押して下さい。
続いて「GCXML形式(バックアップ)」ボタンを押して下さい。

エクスポート確認ウィンドウが表示されますので、エクスポートを行う場合「はい」を選択してください。

ダウンロード先イメージ
エクスポート先とファイル名を指定し、保存ボタンを押して下さい。
正常にエクスポートが完了した場合、指定した場所にデータが作成されます。
必ずファイルの拡張子はgcxmlでエクスポートを行ってください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


データのインポートをする(みんなでガント専用形式)

インポート設定イメージ
メニューボタン部にある「Import」ボタンを押して下さい。
続いて「GCXML形式」ボタンを押して下さい。

インポート確認ウィンドウが表示されますので、インポートを行う場合「はい」を選択してください。

インポートファイル選択イメージ
インポートを行うデータを選択し、開くボタンを押して下さい。
正常にインポートが完了した場合、メイン画面に反映されます。
インポートが完了した時点では、ガントチャートの保存は行われていませんのでご注意下さい。
保存を行う場合、保存ボタンを押して下さい。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


データのエクスポートをする(CSV形式)

この機能を使うには有償オプションでライセンスの登録が必要です。


CSVエクスポート設定イメージ
メニューボタン部にある「Export」ボタンを押して下さい。
続いて「CSV形式(行のみ)」ボタンを押して下さい。

エクスポート確認ウィンドウが表示されますので、エクスポートを行う場合「はい」を選択してください。

ダウンロード先イメージ
エクスポート先とファイル名を指定し、保存ボタンを押して下さい。
正常にエクスポートが完了した場合、指定した場所にデータが作成されます。


ダウンロード先イメージ
※「GCXML形式」との違いについて
「GCXML形式」のエクスポートでは、出力するガントチャートのすべての情報を含んでいます。
「CSV形式」では上画像のようにチャート部の行の情報が出力されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


データのインポートをする(CSV形式)

この機能を使うには有償オプションでライセンスの登録が必要です。


CSVインポート設定イメージ
メニューボタン部にある「Import」ボタンを押して下さい。
続いて「CSV形式」ボタンを押して下さい。

インポート確認ウィンドウが表示されますので、インポートを行う場合「はい」を選択してください。

インポートファイル選択イメージ
インポートを行うデータを選択し、開くボタンを押して下さい。
正常にインポートが完了した場合、メイン画面に反映されます。
インポートが完了した時点では、ガントチャートの保存は行われていませんのでご注意下さい。
保存を行う場合、保存ボタンを押して下さい。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


連結線を引く

連結線設定ボタン押下イメージ
タスクバーをクリックして入力ダイアログを開きます。
左下にある「連結線」ボタンを押下します。

連結線設定選択イメージ
または、左側の入力部の上で右クリックし「連結線を追加」を選択します。

連結先選択ダイアログイメージ
連結先タスクを選択するダイアログが表示されるので、連結先を追加/削除してください。

連結線表示イメージ
「設定」ボタンを押下すると設定したタスク間で連結線が引かれます。

※ 連結線は選択された行のタスクから見て「先行するタスク」に設定します。
 例えば上図の場合、
  1行目:3/2 – 3/6 (先行するタスク)
  3行目:3/8 – 3/9 (後続タスク)
 というタスクがある場合「3行目」の『連結線設定』から、「1行目」を追加します。
 (上記とは逆に「1行目」から、「3行目」の「後続タスク」に設定した場合は赤字表示となります)

※マイルストーンに連結線は引けません。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


マイルストーンを作成する

マイルストーン行の作成イメージ
マイルストーンとする行を作成します。(名称と日付を入力してください)

マイルストーン設定イメージ
右側のバーをクリックするとダイアログが表示されるので、
ラジオボタンを「標準」から「マイルストーン」にし「OK」を押下してください。

マイルストーン表示イメージ
当該行がマイルストーンとして表示されます。

※マイルストーンの表示色は“赤色”固定となっており、タスクの色変更をされても反映されません。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


祝日設定

祝日設定イメージ
右側のタスクバー表示部分に祝日の表示を行うかどうかの設定を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「祝日設定」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

祝日設定イメージ
祝日設定ウィンドウが表示されます。
設定した内容が右側のタスクバー表示部分に反映されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


パスワードの変更

パスワード変更イメージ
ログインパスワードの変更を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「パスワード」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

パスワード変更イメージ
パスワード変更ウィンドウが表示されます。
現在のパスワード、新しいパスワード(確認も)を入力し、「パスワード変更」ボタンをクリックします。
次回のログインから新しく設定したパスワードが必要になります。
変更しない場合は、「閉じる」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


IPアクセス制限

※ IP制限を使用する場合、固定IPを取得して頂く必要があります。

この機能は、有償オプションでライセンスの登録が必要です。
ライセンス有効期間外の場合は以下のダイアログが表示されます。
IP制限エラーイメージ

IP制限イメージ
ガントチャートにアクセスできるIP制限を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「IP制限」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

IP制限イメージ
IPアドレス制限ウィンドウが表示されます。
「IPアドレス制限する」チェックボックスにチェックを入れます。
現在アクセスしているIPがデフォルトで1行目に表示されます。(これは変更できません)
その他、必要なIPを入力してください。
入力後、「OK」ボタンをクリックし確定します。
「IPアドレス制限する」チェックボックスがONの場合はIP制限が有効になり、OFFで登録した場合はIP制限が解除されます。
変更しない場合は、「閉じる」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


閲覧専用URLを設定する


ライセンス有効期間外の場合はメッセージが表示されこの機能はご利用できません。
表示メッセージ


設定イメージ
閲覧専用でガントチャートを見るためのURLを設定します。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「閲覧URL」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

閲覧専用URLイメージ1
閲覧専用URL設定ウィンドウが表示されます。画像は初回起動時のものです。
パスワードを設定し、「設定」ボタンを押下します。

メッセージ
確認メッセージが表示されますので、「はい」を押下します。

閲覧専用URLイメージ2
閲覧専用URLが表示されますので、閲覧のみの対象者に専用URL設定ダイアログに表示されている
URLと閲覧用のパスワードを連絡します。
閲覧専用URLを一度設定後、「閲覧URL」ボタンを押下するとこのダイアログが表示されます。
URLを削除したい場合、「削除」ボタンを押下して下さい。
パスワードを変更したい場合は、現在のパスワードと新しいパスワードを設定後、
「パスワード変更」ボタンを押下してください。
URLを変更したい場合は、一度「削除」ボタンで現在のURLを削除したうえで、再度設定しなおして下さい。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


閲覧専用URLでガントチャートを表示する

閲覧者は閲覧用URLをご使用のブラウザのアドレス欄に直接貼り付け、閲覧用の表にアクセスします。

閲覧専用URLイメージ3
表示されたログイン画面のパスワード入力欄に
閲覧用のパスワードを入力し「送信」ボタンを押下します。

閲覧専用URLイメージ4
閲覧専用のガントチャート画面が表示されます。
この画面では一切のデータ入力やデータ保存に関する行為ができなくなっています。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ライセンスの登録

ライセンス登録イメージ
ガントチャートのライセンス登録を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「ライセンス」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

ライセンス登録イメージ
ライセンスウィンドウが表示されます。
ライセンスがすでに登録されている場合は、使用中ライセンスと期限が表示されます。
未登録の場合は、「-」が表示されます。
メールで送られてきた未使用のライセンスキーと購入したメールアドレスを入力します。
入力後、「ライセンス認証」ボタンをクリックします。
有効なライセンスの場合、再ログインを促すダイアログが表示されて登録が完了します。
登録後は画面を閉じてから再度ログインしてください。
登録しない場合は、「閉じる」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
「ライセンス購入」ボタンをクリックすると購入サイトに移動します。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ライセンスの更新

ライセンス更新イメージ
ガントチャートのライセンス更新を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「ライセンス」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

ライセンス更新イメージ
ライセンスウィンドウが表示され、使用中ライセンスと期限が表示されます。
メールで送られてきた未使用のライセンスキーと購入したメールアドレスを入力します。
入力後、「ライセンス認証」ボタンをクリックします。
有効なライセンスの場合、再ログインを促すダイアログが表示されて更新が完了します。
更新後は画面を閉じてから再度ログインしてください。
更新しない場合は、「閉じる」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
「ライセンス購入」ボタンをクリックすると購入サイトに移動します。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ガントチャートの削除

ライセンス削除イメージ
ガントチャートの削除を行います。
メニューボタン部にある「管理機能」ボタンをクリックします。
同意のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れると「表削除」ボタンが有効になりますので、それをクリックします。

ライセンス削除イメージ
確認のダイアログが表示されます。
「OK」ボタンをクリックすると、ガントチャートが削除され初期画面に遷移します。
削除しない場合は、「キャンセル」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。
削除を行うと、ガントチャートにアクセスすることはできなくなりますので、慎重に操作してください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


簡易SNS(メッセージ)を使用する

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ1

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ2
メニューボタン部にある「メッセージ」ボタンをクリックします。簡易SNS(メッセージ)表示部が表示されます。
もう一度「メッセージ」ボタンをクリックしますと、簡易SNS(メッセージ)表示部が閉じられます。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ3
メッセージ表示部上部にある「メッセージ機能ON、OFF」ボタンを「ON」に切り替えます。
(初期状態は「OFF」になっています)
「ON」にすることによりメッセージの送受信が可能な状態となります。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ4
入力部上段に「名前」、下段に「メッセージ」を入力して、送信ボタンをクリックします。
※どちらか一方でも未入力の場合、メッセージの送信はできません。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ5
送信したメッセージが表示部に表示されます。
ご本人が同じ端末から送信されたメッセージは、名前は黒色で背景は黄色で表示されます。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ6
同じガントチャートを開いていて、簡易SNS(メッセージ)機能を「ON」にされている他の方の画面で、
新しいメッセージを受信すると、上画像のように メニューボタン部にある「メッセージ」
ボタンが赤色となり、 New の文字が表示され、新着をお知らせします。
※メッセージは一定間隔で自動受信されますが、有償版と無償版では受信間隔が異なります。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ7
「メッセージ」ボタンをクリックしてメニュー表示部を開くと、新着したメッセージが表示されます。
未読のメッセージの場合は名前が赤色となっています。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ8
各メッセージを既読にするには、そのメッセージをクリックします。
既読になりますと名前が青色となります。
全てのメッセージが既読状態となりますと、「メッセージ」ボタンも通常表示となります。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ9

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ10
未読のメッセージが多く、一括して既読にしたい場合は、メニューボタン部にある
「メッセージ」ボタンを一度クリックして、メッセージ表示部を閉じて下さい。
その際に全てのメッセージが既読の状態となります。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ11
次回ログイン時などに簡易SNS(メッセージ)表示部を開きますと、過去の既読のメッセージは
非表示となっています。(新着のメッセージがある場合は未読として表示されます。)
過去のメッセージを再度確認したい場合、メッセージ表示部上部にある
「過去のメッセージを表示」をクリックして下さい。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ12
「過去のメッセージを表示」をクリックする度に10件分の、過去のメッセージが表示されます。
過去のメッセージは、そのガントチャート上で送信された、最初のメッセージまで遡ることができます。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ13
ガントチャート作成の最中など新着表示がわずらわしい時もあるかと思います。
そのような時は、簡易SNS(メッセージ)メッセージ機能を「OFF」にして下さい。
そのガントチャート内で送信されたメッセージの受信を行わないようにすることができます。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ15
簡易SNS(メッセージ)機能「OFF」の最中に送信され、受信していないメッセージは、
簡易SNS(メッセージ)機能を再び「ON」にした時に受信されます。

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ16

簡易SNS(メッセージ)機能イメージ17
「名前」ですがシステムの都合上、自由に入力することができます。
そのため、同じ名前でも入力できますが、メッセージの名前の部分にマウスを持っていきますと、
固有で割り振られた“ID”が表示されます。
これにより、誰がメッセージを送信したのか判別可能となりますのでご活用下さい。

※“ID”は、同じ端末からのアクセスでも、ガントチャートごとに変わります。
 「同じID」となるのは、一つのガントチャート内の同じ端末からのメッセージ送信の場合となります。
※“ID”は、システムで自動で割り振られます。ユーザーが自由に割り振ることはできません。
  ご了承下さい。


簡易SNS(メッセージ)機能無料版イメージ1
※無料版では一つのガントチャート内で送信できるメッセージの回数を「500回」としております。
 (回数制限と受信間隔以外の機能は有償版と同じ機能をご利用頂けます。)

簡易SNS(メッセージ)機能無料版イメージ2
メッセージ表示部上部に表示されている「無料メッセージ残り 」が“0”となった後、
メッセージを送信しようとすると、上画像のメッセージが表示され、メッセージの送信ができません。

メッセージ機能無料版イメージ3
引き続き簡易SNS(メッセージ)機能をご利用頂くには、有償オプションをご購入下さい。
ご購入頂き、対象のガントチャートにライセンスキーを適用頂きますと、
上画像のように、メニュー表示部上部に表示されていた「無料メッセージ残り 」の表示が消え、
適用したラインセンスキーの有効期限まで、簡易SNS(メッセージ)機能もご使用頂くことが可能になります。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


更新通知

この機能は、有償オプションでライセンスの登録が必要です。
ライセンス有効期間外の場合はメッセージが表示されこの機能はご利用できません。
表示メッセージ


更新通知イメージ
更新通知機能のON、OFFを行います。
メニューボタン部にある「通知」ボタンをクリックします。
チェックボックスがドロップダウンされますので、
更新通知を受ける場合はチェックをONにしてください。
更新通知を受けない場合はチェックをOFFにしてください。
更新通知をONにすると、一定間隔で更新の有無をサーバーに問い合わせします。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


過去のガントチャートの表示

この機能は、有償オプションでライセンスの登録が必要です。
ライセンス有効期間外の場合はメッセージが表示されこの機能はご利用できません。
表示メッセージ


過去のガントチャートの表示イメージ
過去に保存したガントチャートの表示を行います。
メニューボタン部にある「履歴」ボタンをクリックします。
更新履歴がドロップダウンされます。
「過去の表」列に「〇」が表示されている行をダブルクリックします。
別ウィンドウで保存した時点の状態のガントチャートが表示されます。
履歴保存されるのは、有償オプションの有効期限内での保存時のみです。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


その他の操作

単位変更イメージ
右側のバー表示部分のタイトルバーをダブルクリックすると、チャートの表示単位を変更できます。


今日を表示イメージ1
右側のバー表示部分で右クリックをすると、図のメニューが表示されます。
「今日を表示を」をクリックします。

今日を表示イメージ2
バー表示部が今日の日付がある月を中心に表示されます。

今日を表示イメージ2
今日の日付の月がチャートに存在しない場合は上画像のメッセージが表示されます。
「はい」を押下しますと、今日の日付がある月までの月が追加され、
今日の日付がある月を中心に表示されます。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ブラウザキャッシュ削除方法(InternetExplorer 6の場合)

キャッシュ削除イメージ1
メニューバーの [ツール] から [インターネットオプション] を選択します。

キャッシュ削除イメージ2
インターネット一時ファイルの [ファイルの削除] を選択します。

キャッシュ削除イメージ3
[すべてのオフラインコンテンツを削除する] にチェックを入れて
[OK] をクリックし、ブラウザを再起動してください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ


ブラウザキャッシュ削除方法(InternetExplorer 8の場合)

IE8キャッシュ削除イメージ1
メニューバーの [セーフティ] から [閲覧の履歴の削除] を選択します。

IE8キャッシュ削除イメージ2
[インターネット一時ファイル]にチェックを入れ、[削除]ボタンをクリックします。

IE8キャッシュ削除イメージ3
削除処理中のダイアログが表示されますので、そのままお待ち下さい。
ダイアログが消えれば削除は完了です。ブラウザを再起動してください。

使用方法一覧へこのページの先頭へ