ガントチャートとは

ヘンリー・L・ガント(米国のエンジニア)が1903年に発表した論文を体系的な管理手法に発展させたものと言われている。

具体的には、プロジェクト管理スケジュール作業の進捗を管理する帯状のグラフのことである。

横軸に時間、縦軸にメンバーや作業内容を配置し、工程やタスク毎に作業開始日、作業完了日の情報を帯状グラフに表したものである。

ガントチャート説明

①タスク(作業内容)

②作業開始日

③作業完了日

④作業の進捗(横棒赤色の度合いが進捗率)

⑤現在の日付(緑色)


参考サイト